接客に必要な英語を指導【外部への委託がイチオシ】

改善提案がポイント

社内

選ぶときのポイント

お客様満足度に加えて、従業員がどれくらい仕事に満足しているかをはかる指標が重要視されるようになってきています。当初は従業員満足度がよく使われていましたが、近年は従業員エンゲージメントが使われるようになってきています。従業員エンゲージメントとは、従業員と会社が相互によい関係となっている状態かどうかをはかるものです。会社から従業員への一方的な働きかけにどれくらい満足しているかというのをはかる満足度調査と異なり、従業員がどれくらい自ら動くかをはかるところが異なっています。従業員エンゲージメントが高い企業の方が成長率が高いことがわかっており、重要性は高いといえます。従業員エンゲージメントは外部の専門業者に委託して調査するのが一般的です。様々な専門業者がありますが、調査内容が自社にあっていること、改善提案策を出してくれることが重要です。調査内容が自社にあっているかは、ボリューム、内容、調査形式などが比較ポイントです。ボリュームが少なすぎては効果がはかりにくいですし、多すぎては従業員に負担をかけます。内容については自社業種に詳しいところに依頼するのがベターといえるでしょう。また調査をしただけでは効果は半分になるといわれています。よい結果でも悪い結果でもきちんと改善策を提示して実施するのが重要です。そのためにも適切な改善策を提示してくれるかを重視して業者を選ぶのがポイントです。実施しやすいか、内容が適切かも確認すべきでしょう。

Copyright© 2018 接客に必要な英語を指導【外部への委託がイチオシ】 All Rights Reserved.