接客に必要な英語を指導【外部への委託がイチオシ】

外国人とその対応

男性と女性

外部業者の活用方法

外国人の一般利用者や顧客をより多く取りこむためには、英語接客が欠かすことのできないものとなっている。日本語での接客の場合、外国人旅行客などには意図が伝わらず、購入してもらえるチャンスを逃してしまう可能性が有る。これらのことから、最近では一般利用者向けに行うお店や企業などでは英語接客に力を入れるケースが増えている。英語接客に力を入れる場合、英語での接客に長けた担当者を呼び社内教育をしてもらう方法や、一時的に外部から英語接客ができるスタッフを派遣してもらう方法などがある。社内教育をしてもらう場合にも、研修施設などによる研修と現場での接客を通しながら学ばせる方法などもある。これらの研修を通して英語接客の技術を身に付けさせることは長期で見た場合、社内に有益な効果をもたらす可能性が有る。一方、一時的に外部から英語接客のできる要員を呼び対応してもらう場合には即戦力として活用できる魅力がある。外国人旅行客などが訪れる観光地では、シーズンなどによりその数が大きく変わることがある。その為、繁忙のみ外部からのスタッフに入ってもらうという方法もある。この場合、必要なシーズンのみ対応してもらえるため固定費の削減に繋げることができる。また、多くの旅行客が訪れるシーズンのみ対応してもらうことで、そのシーズン中の売り上げを大幅に向上させられる可能性もある。これらの英語接客を行なう場合には、どちらの方法が最適化を選ぶ必要がある。

Copyright© 2018 接客に必要な英語を指導【外部への委託がイチオシ】 All Rights Reserved.