接客に必要な英語を指導【外部への委託がイチオシ】

社内

改善提案がポイント

従業員エンゲージメントは会社と従業員相互のよい関係を示す値です。調査するときは外部団体に委託することが多いのですが、調査内容や形式、ボリュームが適切か、改善提案策を示してくれるかが重要なポイントです。

詳しく見る

男性と女性

外国人とその対応

外国人旅行客の増加などにより、英語での接客が重視される傾向がある。英語接客を行なう場合には、社内の人材育成として外部講師を活用するケースと、一時的なスタッフとして活用する方法がある。目的により、どちらかを選ぶことがポイントである。

詳しく見る

男性と女性

「育てられている」の実感

社員にとってはきちんと自身が育成されていると実感できると嬉しいものです。これはエンゲージメントにも大いに関連します。そのためには、各種研修を行うという方法があります。それには。大学や自治体等から講師派遣を依頼する方法もありますし、専門の研修会社に委託する方法もあります。

詳しく見る

婦人

誰でも安心のおもてなし

英語で接客ができれば増大している外国人観光客やビジネス客、移住者などの来店を促進し、集客アップや売上アップも目指せます。出張レッスンを通じてスタッフに英語の接客レッスンをすることで外国人客の人気店が目指せます。

詳しく見る

メンズ

調査をしてみよう

エンゲージメントを高めるためには、会社と社員の関係性をきちんと保つことが必要です。そのためには専門会社が社員満足度などのリサーチをすることがあります。改善すべき点は改善していくことが大切です。また、社員研修サポートもその一つと言えるでしょう。

詳しく見る

実践的な英会話とは

アルファベット

その場で使える語学スキル

授業や受験などで誰もが触れてきた英語ですが、文法や単語を理解していることと、実際に話せることはまた別です。そのため、実際に英語を話し、英語に堪能な人から指導を受けなければ、実践的な英会話好きろう身につけるのは難しいといえるでしょう。接客に関しても同様で、接客における英会話スキルを育てるためには専門機関に依頼しなければその効果は薄いといえるかもしれません。こうした英語での接客教育を行っている会社のほとんどは、座学による英会話教育だけではなく、接客業だからこそ接するようなシーンを想定したロールプレイを講習に導入していることもあります。飲食店の場合、アレルギーや国によって食べられない食材への理解が必要になります。つまり、英語が話せるだけではダメで、実際に利用する外国人客の立場にたって考え話せるようなスキルが求められるわけです。実践的な知識、そして経験がなければ英語での接客をスムーズにおこなうのは非常に難しく、会話スキルに問題がなくても躓いてしまうこともあるでしょう。現場でいきる会話スキルを身につけるためにも、英語での接客に特化した専門的な会社に研修を依頼するのは望ましい方法なのです。ちなみに、国際理解を深めることで、店への来客数を増やしたり、スタッフの外国人客に対する意識も変わる可能性があります。こうした変化は店にとってもプラスに働くことが多く、新しい挑戦や提案につながることもあるでしょう。

Copyright© 2018 接客に必要な英語を指導【外部への委託がイチオシ】 All Rights Reserved.